<%@ page contentType="text/html;charset=gb2312"language="java"import="java.sql.*"errorPage=""%> China Triumph International Engineering Group Co.,Ltd.
中国凱盛国際工程集団有限公司
蚌埠ガラス工業設計研究院
中国語 英語 ロシア語
彭寿は国際ガラス協会の主席に就任する

6月7日、オランダリステルで開く国際ガラス理事会会議で、中国凱盛国際工程集団有限公司理事長、蚌埠ガラス工業設計研究院院長彭寿は正式に国際ガラス協会の主席に就任する。これは中国人が初めて国際ガラス協会で最高責任者を担当し、アジアと太平洋地区で指折りの国際性権威組織レーダーの一つになる。これも中国ガラス業が世界で地位と影響力をあらわし、世界ガラス業で国際ルールを制定する権力を上げる。
国際ガラス協会が1933年9月に創立して、本部はスペインマドリードに設置して、主旨は国際ガラス業団体と個人がガラス科学技術進歩や生産にお互いによく知ることを促進し、世界ガラス業の進歩を推進する。三年ごとに国際ガラス大会と毎年一次の年会は重要な活動である。中国は1982年10月で中国珪酸塩学会が団体の名義で参加していた、毎年の年会を参加し、中国と国際学術業の交流を強めて、中国ガラス科学技術の発展を推進する。2007年6月、彭寿は中国ただひとつの代表として国際ガラス協会執行委員会委員を当選した、二年後副主席を上げた。2010年ブラジル国際ガラス大会で彭寿は中国を代表して成功的に国際ガラス業のオリンピック「2016年国際ガラス大会」を申し出た。国際ガラス協会2011年年会で、彭寿は準主席を当選する。今度正式に主席を就任した後、彭寿はアメリカ、日本、イタリア、イギリス、フランス、ドイツなどの世界ガラス強い国を構成する国際ガラス執行委員会を指導する、世界協力と交流を強めて、ガラス技術の発展を促進し、国際協会メンバーを増加し、中国ガラス技術とブランドが世界でもっと有名させる。
彭寿の国際ガラス協会の就任経験は中国ガラス業のはやく発展と科学技術進歩の過程を反応する。これも世界は中国ガラス業の発展成果を承認することである。彭寿はフロートガラス新技術国家重点実験室主任、光華工程科学技術賞受賞者、全国工程勘察設計マスター、初めの新世紀百千万人材工程国家級人選、全国優秀科学技術仕事者、中国共産党十七次全国代表大会代表、全国労働模範である。
わが国フロートガラス工程科学技術のレーダーと光電ガラス工程の開拓者として、彭寿はガラス工程技術の自主創新を主催し、わが国板ガラス工業の現代化と中国フロート技術が全面的に国際市場に入って、わが国の太陽光起ガラスと液晶ガラスなどの工程技術の空白を埋めて、数十かの国内外大型建材項目の工程設計と総請け負うを主催し完成して、国家と業のたくさんの重大な課題研究と標準制定を完成する。彼は一つの国家科学技術進歩二等賞や80かあまりの省部級科学技術成果と工程技術賞や40かあまりの授権特許を得て、3つの専門書を出版して、30あまりの学術論文を発表する。
企業家として、彭寿は10年の就任間で、企業を指揮する集成化や工程化や産業化や国際化を推進し、新ガラスや新材料や新エネや新装備産業を発展し、企業が科学研究院所から科学技術型企業集団になることを完成する。企業主に業務収入が5000余万元から100億元に増やし、80%の国内高いレベルガラス工程市場と90%の中国技術設計した国外ガラス生産ラインを占めて、国家に数10億外貨を増やす。企業は連続に多年に全国工事請負う企業およそ項目管理企業の200強に入り、勘察設計や工程総請け負うや工程管理企業20強に入り、「全国五一労働賞」や「中央先進企業集団」や「全国先進下部党組織」や全国国企「四つよいこと」先進グループなどの栄誉を得て、建材工業と地方経済のために貢献する。


Untitled Document